繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第35話

アジアの風だより 第35話

プーケット・シティ

タイ南部最大の観光名所、プーケット。その名前を聞いて頭に浮かぶのは、パトンやカタといった有名なビーチの名前、そして青い空、白い砂浜、透明な海水、美しい珊瑚礁ではないでしょうか。しかし、島の中心地プーケット・シティもまた観光しておもしろい街なのです。

プーケット・シティはリゾートビーチとして有名なパトン・ビーチの反対側、島の東にあります。プーケット島(プーケット県)の行政と商業の中心地ですが、忙しい雰囲気はどこにもありません。それどころか東のプーケット湾から吹き込む潮風のおかげで都市でありながらおだやかな空気に満ちています。

街の中心部は、それ自体が観光名所です。通りの両側を埋める凝ったデコレーションの白塗りの建物群は、この街がかつて海上交易都市として栄えていた時代(19世紀ごろ)に流行したシノ−ポルトガル(中華ポルトガル式)様式で建てられたもの。ヨーロッパと中国が融合して生まれたこの歴史ある雰囲気は、ほかのタイの街では感じられないエキゾチシズムにあふれています。

街の北側にはカオ・ランと呼ばれる小高い山があります。プーケット・ヒルとも呼ばれるちょっとした名所で、地元の人たちの憩いの場。上まで登るとプーケット・シティはもちろんプーケット湾まで一望のもと。頂上には雑貨屋もあるし、本格的に食事のできるレストランもあります。

海もいいけど、街もいい。アンダマンの宝石プーケットは、どこに行っても楽しさでいっぱいです。

プーケット・シティ プーケット・シティ
プーケット・シティ プーケット・シティ

「プーケット・シティ」

● 県名 プーケット

● 行き方:タイ有数の観光地なので空路は充実しており、バンコクからはもちろん東のサムイ島から、さらには日本からの直行便も再開された(ただし空港は島の北側にあって、やや不便)。プーケット・シティとパトンやカタなどの各リゾートビーチは乗り合いバスで結ばれている。タクシーやソンテウ(軽トラック改造バス)も利用できる。

*バンコク−プーケット間の航空券は こちら からご予約できます。
*プーケットツアーは こちら からご予約できます。