繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第18話

アジアの風だより 第18話

ラチャダーピセーク バンコク

少し前まで、ラチャダーピセーク通りといえば「なんにもないところ」と思われていました。アソーク通りも日本大使館のあるペッブリー・タットマイ通りを越えたら閑散とした空気が漂っていたもので、事実、この通りに出店していた東急デパートも撤退し、開業予定の地下鉄は当初の予定通り(?)着実に遅れるなど、発展する土台に乏しいと思われていました。

ところが、です。ラチャダーピセーク通りは、いまや外国人の間でとても人気のある通りとなり、夜などはシーロム通りの繁華街以上ににぎやかになっているのです。

理由はホテルの安さにあります。バンコク中心部からやや離れているため人気がなかったのですが、料金を下げてみたところ、中華系のツアー客がどっと増え、今ではなかなか部屋が取れないホテルがあったりします。

当初はビジネス街として発展するはずだったこの通り。地下鉄が発表通り来年にオープンされるころには、いったいどんな雰囲気の街になっているのでしょうか。わかっている人は、あまりいません。