繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第10話

アジアの風だより 第10話

チェンマイ

ローイ・クラトンのお祭りを見学するため、チェンマイに行ってきました。ローイ・クラトンとは、クラトンと呼ばれる丸い手製の小舟のようなものを川に流し、ついでに厄も流してしまおうという仏教行事で、旧暦12月の満月の夜にタイの全土で広く行われます。もちろんバンコクでも行われますが、暦の関係で今年は雨期の明け切っていない季節に行われることになったため、雨を避けるためチェンマイに向かったのです。雨期はチェンマイでも完全には明けていないのですが、知人の情報によると「バンコクよりはマシ」とのこと。だったら祭りの規模も大きいチェンマイに行ったほうがいいなと思ったわけです。

その予感はうまく当たり、バンコクは当日激しい豪雨に見舞われましたが、チェンマイはすっかり快晴。おかげでかなり冷え込みましたが、お祭りを楽しむにはよい気候でした。

その夜、市内を流れるピン川にはろうそくを灯した無数のクラトンが浮かびました。クラトンには美しい花が飾られ、流したあと、人々は花火や爆竹を放って祝います。近年はその花火遊びが激しくなり、火事が起こったりしていますが、子供たちはほとんど気にせず、お小遣いをすべて使って花火を買い、夜通し遊び回っていました。

古き良き時代のタイを感じることができるこの風流なローイ・クラトンのお祭り。機会があれば、来年はぜひ楽しみに来てください。