繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第5話

アジアの風だより 第5話

メー・サーイ

一時はタイ軍とミャンマー軍により小競り合いで閉鎖されていたメー・サーイの国境ですが、今年の6月24日から再びすべての人々に対して開かれるようになりました。この国境ではパスポートに出国スタンプを押してくれるため、タイ旅行中に滞在ビザが切れそうになった場合は、こちらの国境を目指してみるのもいいかもしれません。

メー・サーイの国境は午前8時半から午後6時半まで、外国人には午前8時から午後5時まで、毎日オープンしています。国境を越えるためには出国手続きをする必要がありますが、これは国境の窓口ではできません。

どうすればよいかというと、まずはバスターミナルの近くにあるイミグレーション・オフィスに行き、パスポートに出国スタンプを押してもらいます。それから赤いピックアップトラック──通称ソンテウ──に乗って国境を目指します。パスポートにスタンプが押してあれば、そのまま問題なく通過。橋を越えれば、そこはもうミャンマーの領内です。

ミャンマーに入るとすぐ左手にミャンマーのイミグレーション・オフィスがあります。今度はそこでパスポートを預け、手数料US$5(あるいは250バーツ)を払えばその一帯の街タチレクの一日観光が可能となります。

タチレクの主な見どころは橋の周辺に広がる市場です。そのほかでは山の上に立つパゴダやタイとは違った雰囲気の仏教寺院などがありますが、小さな街ですので、それほど見るところはありません。もっとも、この街でもらえるビザでは日帰り観光しかできませんので、これでも十分なのかもしれません。