繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第72話

アジアの風だより 第72話

ナコーン・ラーチャシーマー

タイ東北部イサーン地方の玄関口にあたるのがナコーン・ラーチャシーマーです。通称のコラートで呼ばれることのほうが多いですが、コラートとはこの県がある高原地帯を指しています。

この高原の平均標高は200メートル。たいして高くはありませんが、首都バンコクの標高が0から2メートルしかないため、これでもずいぶん高く感じられます。実際、バンコクから東北方面に向かうと、途中で急な登り坂になります。この坂を越えるとナコーン・ラーチャシーマーであり、ここからイサーンとなるのです。

イサーンはタイの田舎の代名詞になっていますが、ナコーン・ラーチャシーマーは発展しています。道路の整備が進んだおかげでバンコクから車で3時間もあればたどり着けるようになり、開発が一気に進みました。

しかし、本来は歴史のある街です。タイ戦国時代のなごりで市街は壕と城壁で囲まれていて、かなり以前から栄えていたことがしのばれます。街は東の旧市街と西の新市街に分けられていますが、それほど大きな違いはありません。むしろ現在では市街の北に完成したイサーン最大のバスターミナルを中心とするエリアに開発の手が伸び、商業的な発展が続いています。近年は郊外に工業団地が完成し、日系企業も多く入りました。これからさらに人と物流でにぎわうことでしょう。

観光名所はあまりありませんが、この北のコーン・ケーンと肩を並べるイサーンの中心地であり、そのためホテルは無数にあります。バンコクからも気軽に行くことができるので、視察がてらに行ってみてはいかがでしょうか。

ナコーン・ラーチャシーマー イメージ1 ナコーン・ラーチャシーマー イメージ2
ナコーン・ラーチャシーマー イメージ3 ナコーン・ラーチャシーマー イメージ4

●国名: タイ
●都市名: ナコーン・ラーチャシーマー
- 行き方 -
バンコクの北バスターミナルから頻繁にバスが出ている。鉄道はフアラムポーン駅から、こちらも本数は多い。空路もあるが空港は街から遠く離れているので不便。