繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第45話

アジアの風だより 第58話

パトンビーチの魅力

タイ南部観光の目玉と言えば、やはりプーケットです。今年前半の国内騒動でバンコに向かう観光客の勢いは落ちましたが、プーケットは堅調です。

先月(7月)、プーケットのメインビーチであるパトンに行ってきました。タイ全体の観光客の数が減るローシーズン(*)でしたが、パトンには思った以上に観光客の姿がありました。例年に比べるとちょっと少ないのは南アフリカ共和国で行われたワールドカップのせいで、この時期のメイン客であるオーストラリアからの観光客の何%かが南アを目指したからでしょう。

日本人の姿はというと……ほとんどいません。ほぼまったくいないと言っていいくらい見かけませんでした。これは今年に限らずずっと続いている現象で、例のスマトラ島沖地震の津波の被害以降、プーケットを訪れる日本人はぐんと減ってしまったのです。

あの災害の悪いイメージが残っているのでしょうか。しかし、日本人より大きな被害に遭ったヨーロッパの人々は、そんな事件があったという事実を忘れてしまったかのように、こぞってやってきています。なにがあってもプーケット、そしてパトンのビーチにやってくるのは、他の国のリゾート地にはない特別な魅力があるからでしょう。

パトンのビーチは広く、長く、白くて美しく、マリンスポーツは充実しています。ダイビングしたければ日帰りのツアーで簡単に沖合いの島に行くことができます。ビーチロードはにぎやかで、ショッピングは楽しく、シーフードレストランは毎日違う店に行っても極め尽くせないほど並んでいます。

海しかないリゾートではなく、家族連れでも存分に楽しめるのがパトンのよいところ。有名すぎるから行かないのではなく、有名になっている理由を実感するために行ってみたいビーチタウンです。

*ヨーロッパや北米大陸が暑くなる夏の季節は観光客が少ない。逆に寒くなる冬は避寒にタイに来る客が増え、この時期はハイシーズンとなる。

パトンビーチの魅力 イメージ1 パトンビーチの魅力 イメージ2
パトンビーチの魅力 イメージ3 パトンビーチの魅力 イメージ4

●国名: タイランド
●県名: プーケット
- 行き方 -
バンコクやサムイ島から空路で直行。航空会社はタイ航空、エア・アジア、1-2 Go、バンコク・エアウェイズなど数社ある。空港からパトンまではバスやタクシーを利用する。