繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第46話

アジアの風だより 第46話

ベトナム麺紀行
ホー・チ・ミン・シティ ベトナム

ベトナムは麺料理の種類が豊富な国です。世界有数の米の産地であるため、米で作った麺がいろいろあるのも特徴です。

代表は、日本でもよく知られているフォーでしょう。稲庭うどんのようですが、まったくコシがなく、口当たりもざらざらしています。スープは鶏も使われますが、相性がいいのは牛骨でとったもの。これに生あるいはゆでた牛肉を乗せ、生玉ねぎのスライスや香草とともにいただきます。スープは強めにとられてコクがありますが、味はあっさり。本場は北のハノイでも、ベトナムの全土で食べることができます。

フォーが北の麺なら南はフーティウです。これも米で作られていますが、フォーよりコシがあり、スープは鶏や豚などでとったものと合わせます。具もスタイルもさまざまで、調理にはいろいろと応用がききます。

中部では、やはり米で作った麺ブンを使ったブン・ボー・フエが有名です。真っ赤な色をした辛くて濃口のスープにこのブンを入れ、煮た豚肉や豚足を乗せていただきます。濃厚な味つけに、きっとやみつきになることでしょう。

ラーメンが好きな人にはミーがおすすめです。これはまさしく中華麺で、博多ラーメン風の細いストレートな麺です。博多ラーメンと同じで固めでゆで加減で出してくれるのも高ポイント。海老や蟹など海鮮系の具にもよく合います。

煮込みうどんが好物であれば、バン・カンがいいですね。太くて丸くて歯ごたえ充分の、まさしくうどんのような麺で、大鍋に入れられ真っ赤なとろみのある濃厚なスープで煮込まれます。
毎日食べても食べきれないベトナムの麺。旅の大きな楽しみです。

ベトナム麺紀行 ホー・チ・ミン・シティ ベトナム イメージ1 ベトナム麺紀行 ホー・チ・ミン・シティ ベトナム イメージ2
ベトナム麺紀行 ホー・チ・ミン・シティ ベトナム イメージ3 ベトナム麺紀行 ホー・チ・ミン・シティ ベトナム イメージ4

●国名:ベトナム
●県名:ホーチミン・シティ
- 行き方 -
タイからはベトナム航空を含め数社が毎日往復便を飛ばしている。チケットは弊社にて取扱中。