繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第25話

アジアの風だより 第25話

タイ

タイも旅行者が増えてきました。いよいよ夏です。夏休みです。

今年の日本はいつになく暑く、8月が近づいても夏が来たという感じがしませんが、ここタイを含む東南アジアの各国では、ますますもってそんな気になりません。

この時期、東南アジア各地は雨期のなかばの真っ最中で、雨が降ったり台風が来たり、はては梅雨空のように1日中曇っていたりと、はっきりしない天気が特徴です。雨の降り方も、よく言われるスコールふうではなくしっとりと降って、考え方を変えれば非常に観光しやすいとも言えるでしょう。

気温も暑かったり涼しかったりと一定せず、日によっては寒く感じたりするほど。寒いと言っても25度以上はあるのですが、この国ではなぜか上着が欲しいと思ったりします。

人間の体というのはよく作られていて、気候や環境に対して見事に順応するようになっています。気温に対してもそうで、たとえば暑い気候の地域に長く暮らしていると、皮膚の汗腺がずっと開いたままになるそうです。そうやって体内の熱気を常時逃がしていくわけですが、長くそうした環境で過ごしていると体がそちらに慣れてしまい、今度は簡単には閉じなくなってしまうのです。おかげで、ちょっとでも気温が下がると大げさに体が震えてしまうのですね。

不思議なものですが、暑くてもやっぱり風邪はひきます。「おかしいな」と思ったら無理をせず、早めに休むことをおすすめします。