繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第19話

アジアの風だより 第19話

バンコク

日本のみなさん、こんにちは。暑いですか? 僕はいまバンコクですが、こっちはかなり涼しいです。

いや、もちろん日本と比べてという意味ですが、雨期の真っ最中であるタイのいまは暑さ真っ盛りの時期を過ぎて、どちらかといえば過ごしやすい気候だったりするのです。

日中の日差しは厳しいですが、かんかん照りかと言うとそうでもなく、けっこう曇りがち。3日に一度くらいは雨も降り、それが夜だったりすると気温も下がっていい感じになるのです。

空港に着き、飛行機から降りたときに思いましたね、
「ああ、いい暑さじゃないか」 とね。

いまの日本は強烈に蒸し暑いですが、タイの気温は高くても、日本ほどではありません。もっとも暑いのは4月から5月で、このときは日中は焼け死にそうになるし、夜もまた照り焼きになるかと思うくらい暑さが残って苦しいくらいですが、今朝などはエアコンも扇風機も止めて寝ていたくらいで、適度な暑さの日々が続いています。

避暑という言葉がありますが、暑さ真っ盛りのときに熱帯を訪れてみるのも一考でしょう。慣れてみれば、こちらの暑さのほうがよほど快適に思えるはず。

もっとも、地方によっては強烈に暑いところもありますので、それなりの覚悟は必要ですけどね。