バンコク発航空券、パッケージツアー、ホテル、サービスアパート、ゴルフ、空港送迎。旅行会社 シンダイ

航空券 タイ国内ツアー 海外ツアー タイ国内ホテル タイ国内サービスアパート ゴルフ 各種クーポン&送迎

HOMECoffee Breakアジアの風だより第183話 タイ国内でロックダウン再開

アジアの風だより 第183話

タイ国内でロックダウン再開

2021年が始まりましたが、タイはいきなり大変なことになっています。その原因は、やはり新型コロナウイルスCOVID-19です。

先月の始めのころ、つまり2020年の12月初旬あたりまで、この国はかなり楽観的な空気に包まれていました。それで気の緩みが出たのでしょうか、中旬に首都バンコクの西隣の県で、1日に500名以上の感染者が確認されました。それを発端として、完全な新型コロナ第2波が始まったのです。

その結果、年末恒例の年越しカウントダウン・イベントが一斉に中止となり、さらに新年を迎えた1月2日からはバンコク都を含む28の都と県を対象に、ロックダウンに準じる新たな規制が行われることになりました。その規制の中で、在タイ中の日本人に関係のあるものを要約してあげてみますと……

パブ、バー、遊園地、保育園、ムエタイ競技場、フィットネスセンター、宴会場、スパ、マッサージ店、学校、学習塾

……以上が政府からの指示があるまで閉鎖となっています。また、すべての飲食店で、店内での酒類の提供が禁止となっています。さらには店内での午後9時以降の食事も禁止されました。

2020年3月に始まった前回のロックダウンに比べると限定的ですが、娯楽系と教育系はほとんどが規制の対象となっています。そんな中でゴルフ場(練習場を含む)が規制外になっているのは朗報かもしれません。

ほかに朗報があるとすれば、苦汁の会見を続けるプラユット首相が「完全なロックダウンはしない」と力説している点でしょう。ロックダウンすればCOVID-19の制圧効果は高まりますが、経済は下降します。もうこれ以上は下を向けないタイ経済ですので、この選択は正しいのかもしれません。ただし、これまで以上に個々人で身を守っていく必要があります。

1月4日時点での発表では、だいたいこのようになっています。この規制は、とりあえず45間または政府の発表があるまで続けられるようですが、朝令暮改のタイですから、これからどうなるかはまったくわかりません(苦)。

タイ国内でロックダウン再開 イメージ1 タイ国内でロックダウン再開 イメージ2
タイ国内でロックダウン再開 イメージ3 タイ国内でロックダウン再開 イメージ4

●国名:タイ

タイ鉄道散歩 改訂版 (列車に乗ってタイ全土を自由に"散歩"しよう)

タイ国内の鉄道網を完全紹介した「タイ鉄道散歩」が再取材でリニューアル!2016年に導入された待望の新型寝台特急についても詳しく紹介。列車に乗ってタイを自由に旅しよう!
イカロス出版より全国の書店で好評発売中!