繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第13話

アジアの風だより 第13話

ター・トーン チェンマイ

ター・トーンはタイ北部チェンマイのほぼ最北端に位置する小さな町です。町の中にはコック川が流れ、船着き場には観光用の船が何艘も係留されています。これに乗って3時間も行くと、たどり着くのはチェンラーイの町。ター・トーンを訪れる外国人旅行者の大半はこの船の旅、リバークルーズを楽しむためにやってきているほどで、車に乗っても行けますが、時間が許せばそうやって船で流れてみるのも楽しいものです。

そのほかでは町を見下ろす小山の上に立つワット・ター・トーンが有名です。登ってみれば一目瞭然のように、町の全貌が一望できるでしょう。静かに流れる川に沿って広がる緑豊かな街並みは、いつまで眺めていても飽きません。

しかしこのワット・ター・トーンは、これだけではありません。山の上に構える大仏はたしかに見ごたえありますが、実はこれはこのワットの氷山の一角。大仏の裏を回ればワットからワット、仏塔から仏塔と、行けども果てしない参道が延々と続いているのです。道は激しいアップダウンが続き、よほどの健脚でも最後まで行くのは困難でしょう。ですから、もし行くのであれば、山のふもとで乗り物をチャーターしておくことです。さもないと町に帰ることができなくなるかもしれません。

それほど苦労してたどり着いた先にはなにがあるのでしょうか。これが実は、なにもありません。大きな仏像がありますが、そこで道は行き止まり。なぜかって? というのもここから先はタイではなくミャンマー領になってしまうため、前に進むことができないのです。

展望台のようなものがありますので、そこから眺めてみましょうか。目に見える緑におおわれた山々はすでにミャンマーの領土です。そう言われてもピンときませんが、日頃国境を目にする機会のない我々には、なかなか新鮮な風景でもありますよ。