繝舌Φ繧ウ繧ッ逋コ闊ェ遨コ蛻ク縲√ヱ繝繧ア繝シ繧ク繝繧「繝シ縲√帙ユ繝ォ縲√し繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝医√ざ繝ォ繝輔∫ゥコ貂ッ騾∬ソ弱よ羅陦御シ夂、セ 繧キ繝ウ繝繧、

闊ェ遨コ蛻ク 繧ソ繧、蝗ス蜀繝繧「繝シ 豬キ螟悶ヤ繧「繝シ 繧ソ繧、蝗ス蜀繝帙ユ繝ォ 繧ソ繧、蝗ス蜀繧オ繝シ繝薙せ繧「繝代シ繝 繧エ繝ォ繝 蜷遞ョ繧ッ繝シ繝昴Φシ騾∬ソ

HOMECoffee Breakアジアの風だより第6話

アジアの風だより 第6話

ホー・チ・ミン・シティ ベトナム

ベトナム南部の大都市ホー・チ・ミン・シティに来ています。こちらもタイと同じような気候で、雨は降ったりやんだりの状態ですが、スコール性はこっちのほうが強く、夕方あたりにいきなりドカンと降ってきます。しかし、やむのもまた早く、30分くらいすると簡単に上がるのも特徴です。午後出歩く場合は雨具を持っていくか、ホテルの近くを散策するのが得策でしょう。

ところでこのホー・チ・ミン・シティですが、目立つのは日本人の旅行者、それも女性ばかりが目立ちます。見た感じですが、日本人の男性旅行者が1人とするなら、女性旅行者は30人くらい。つまり1:30くらいの比率で女性が圧倒しています。

しかも、日本人の旅行者というのはすぐに見てわかるのですね。なんと言いますか、まるで規則でもあるかのように同じような服装をしているのです。帽子から服、ズボン、そしてサンダルまでほぼ同じ。これはたぶん偶然の一致なのでしょうが、どうも不思議なところです。

そしてこれも困ったことで、日本人の私がわかるくらいですから、目のいいベトナム人は簡単に地元の人と日本人を区別してしまいます。スリや強盗といった悪人たちにとっては仕事が楽になるので大助かりでしょう。

日本の旅行者は世界各地で狙われていますが、ベトナムはもともと旅行者を狙った犯罪の多い国ですから、この地に行くときは十分に注意を払うようお願いします。